小さい庭の家庭菜園-野菜栽培-

2021年10月12日

小さい庭の家庭菜園-野菜栽培-

小さな庭なんでプチ栽培ですが、真冬以外は何かと栽培しています。
3つの部門に開けてご紹介で、今回は家で栽培している「野菜」

■野菜部門

ハーブ部門

フルーツ部門

野菜栽培の家庭菜園

小さな庭で花が半分、残りの1/2フルーツが締めています。
ですので残りの地植えできる1/4を野菜とハーブが締めます。
ですので鉢栽培も含めてプチ野菜栽培しているのを記録も込めてご紹介します。

野菜の種類

・きゅうり
・ピーマン
・トマト
・イタリアンパセリ
・三つ葉
・セロリ
・さやえんどう
・なす
・ツルムラサキ
・八尺えんどう

 

野菜栽培”きゅうり”

きゅうりは、夏場には毎日収穫できました。
特に今年は一日の収穫本数は6本ほど。

いや~二人暮らしなんで食べるの大変です(^^ゞ
大切なのは大きくなりすぎる前に収穫すること。

家庭菜園 きゅうり

野菜栽培”ピーマン”

ピーマンも毎日収獲できた育てやすい野菜です。
今年は「無限ピーマン」作りまくり~

ししとう、唐辛子も作りやすい。毎年栽培したい野菜です。

野菜栽培”トマト”

今年はトマトの苗は高級な物を選びました。
やっぱり美味しかったです。夏場は一日2個のトマトを収穫。ちょうど良い量でした。

家庭菜園 トマト

 

野菜栽培”イタリアンパセリ”

パセリはお魚の造り付いてるけど食べない?イメージですよね。
イタリアンパセリは全然違います。 サラダやスープに毎日使える便利野菜。
なんと、今年は前年の株が冬越ししましたよ~

超オススメです。ハーブの分類になるかもしれませんが、野菜として簡単に活用できるので「野菜分野」としてご紹介しました。

 

野菜栽培”三つ葉”

イタリアンパセリとどう違う?

一番違うのは香りですね。 栽培の強さはイタリアンパセリが強いですが、癖が少なく誰でも食べられるのが良いところです。

野菜栽培”セロリ”

なぜかイタリアンパセリと区別が付かないようになってしまいました。
早く収穫しすぎ?

来季もチャレンジする予定。
どうも、セロリ系の香りが好きみたいで、来季はイタリアンパセリ、セロリ、パクチーはたくさん栽培する予定です。

家庭菜園セロリ

 

野菜栽培”さやえんどう&スナップエンドウ”

豆系の栽培に初めてチャレンジしました。もう上出来です😄
ただ、空豆は失敗しました。 5個ぐらいできたんですが、アリがスゴいのなんの💦
もの凄く長く収穫出来るので毎年栽培しようと思っています。

さやえんどう&スナップエンドウ

 

野菜栽培”なすび”

昨年は「無限なすび」って言うほど収穫出来たなすびが….今年は~(T^T)

植えた場所がダメだったのか?
虫さん攻撃に合いました…それでも20個ぐらいは収穫できたと思います。

なすび

野菜栽培”ツルムラサキ”

ツルムラサキって知ってますか? あまりスーパーとかで売ってるの見ないんですが、むっちゃ美味しいので是非とも栽培して下さい。  八月下旬ぐらいから収穫できます。(遅めです)

つるむらさき

今年は10月12日の時点でも収穫できてます。

野菜栽培”三尺ささげ”

このこも毎年収穫しています。 1本が長いので5本以上収穫して茹でてゴマ和えして頂きます。
繁栄期は写真の量の3倍ぐらい収穫できました。
10月7日の時点で週1回写真の量の収穫です。(そろそろ最後かな~)

三尺ささげ

三尺ささげ

2枚の上のささげは薄い色です。下のささげは濃い色です。 下は義母から送ってきた菜園の三尺ささげです。
土の栄養の違いかな?  同じ野菜でも更に良い物にしていく楽しみがありますね。

 

まとめ

野菜栽培は手間が掛るからスーパーで買った方が良いな~と思うところも無いことはありません。
ただ、庭で栽培してるのは失敗が少なく手間が掛らない野菜を選んでいますので失敗も少ないです。
無農薬、減農薬ですので安心です。

2021年はコロナでお出かけが殆ど出来なかったですが、プチ家庭菜園程度が楽しくて良かったです。

このページの野菜の種類

*野菜部門
野菜部門はコチラ(今回ご紹介している)
・きゅうり
・ピーマン
・トマト
・イタリアンパセリ
・三つ葉
・セロリ
・さやえんどう
・なす
・ツルムラサキ
・八尺えんどう

ハーブとフルーツの紹介の種類(別ページで紹介)

*ハーブ部門
ハーブ部門はコチラ
・タイム
・オレガノ
・バジル
・レモンバーム
・ミント
*フルーツ部門
フルーツ部門はコチラ
・スイカ
・いちじく
・いちご
・レモン
・ネーブルオレンジ
・柿
・ぶどう(巨峰)
・ぶどう(マスカット)
・オリーブ
・山椒
・キウイ